おなまえ
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
渓谷美に魅了されました!

紺碧の水の色を見たく、9名で大杉谷を巡り、大台の百名山・日出ヶ岳に登頂してきました。
天候にも恵まれ、日出ヶ岳での集合写真では、皆、満足の笑顔となりました。
厳しいコースではありましたが、景観の素晴らしさに皆疲れを忘れて達成できました。参加された皆さん、有難うございました。

nuki 2019/11/04(Mon) 15:19 No.434 [返信]
Re: 渓谷美に魅了されました!
有名な猪ヶ淵です。河原に降りられます。
nuki 2019/11/04(Mon) 15:20 No.435
Re: 渓谷美に魅了されました!
途中には何カ所も水の色に感銘するスポットがありました。
nuki 2019/11/04(Mon) 15:21 No.436
Re: 渓谷美に魅了されました!
高さ100m以上の巨大な岩壁の平等ぐらと、長さ70mもの平等ぐら吊り橋は、高さと迫力があり、凄かったです!
Ri 2019/11/12(Tue) 20:28 No.457
Re: 渓谷美に魅了されました!
平等ぐら吊り橋を渡り終えて、ホッとひと息の皆さん!
Ri 2019/11/12(Tue) 20:29 No.458
Re: 渓谷美に魅了されました!
2004年の豪雨災害で作られた崩壊地。
ビルの高さほどの岩が積み重なって、歩くのも大変で、人とすれ違うのが怖かったです。

Ri 2019/11/12(Tue) 20:33 No.459
Re: 渓谷美に魅了されました!
堂倉滝。
高さ20mほどですが、水の勢いが強く、水の音と水しぶきが対岸まで届く迫力でした。
濃いエメラルドグリーンの水に癒されました!

Ri 2019/11/12(Tue) 20:40 No.460
Re: 渓谷美に魅了されました!
みんなで泊まった、桃の木山小屋です。
長い吊り橋を渡った所にあり、目の前には紺碧の水が流れている川がありました。
素敵な景色が沢山みれた、何度でも訪れたくなるような大杉谷でした!

Ri 2019/11/12(Tue) 20:44 No.461
熊野古道

熊野古道の大雲取越・小雲取越を歩いてきました。初日は世界遺産の熊野速玉神社や補陀洛山寺を参拝。翌日は熊野那智大社を出発し、美しい杉並木が続く古道を1泊2日の行程で熊野本宮大社まで歩きました。大雲取越・小雲取越は結構険しいコースですが、外国人(欧米系)のハイカーがとても多かったのが印象的でした。民宿内の表示も、日本語と英語が併記されています。私達が思う以上に、聖地熊野には魅力があるようです。

担当者(西村) 2019/11/05(Tue) 22:24 No.437 [返信]
Re: 熊野古道
大雲取越のピーク・越前峠にて。大雲取越は、結構険しい山道です。
担当者 2019/11/07(Thu) 23:58 No.439
Re: 熊野古道
山々を越えて辿りついた、熊野本宮大社の旧社地「大斎原」にある、巨大な鳥居がとても印象的でした。
担当者 2019/11/09(Sat) 22:35 No.440
Re: 熊野古道・・・「新宮城跡」

 11月2日〜4日は、熊野三山を巡る例会でした。
  
 JR天王寺駅から特急「くろしお」でカーブの多い区間を振り子に揺られて新宮駅まで約4時間、列車の長旅をしました。
 天気がとびきり良かったため、海岸線の美しい区間では徐行運転をしてくれるサービスもありました。
 
 新宮駅から徒歩で熊野三山の一角の熊野速玉大社に参拝し、新宮駅まで戻る途中に新宮市街地や熊野川(新宮川)、熊野灘が見える新宮城跡に登りました。
 
 新宮城は、紀州徳川家の支城として、同藩の家老が統治する3万5千石の新宮領の政治の中心として機能していたということで、田辺市にある田辺城と同じ役割を持っていたと思われます。

toki 2019/11/09(Sat) 23:07 No.441
Re: 熊野古道・・・「那智の滝」

 例会1日目は観光中心でした。それでも大門坂バス停(100m)から那智の滝付近(250m)まで登り道を歩き、熊野古道の雰囲気を味わいました。
 大門坂を歩き始めてすぐ、平安時代の女性の貸衣装を来た人が向かいから下ってきて、なんとなく古(いにしえ)にいざなわれた感じがしました。

 宿に到着すると17:30から夕食と言われ、慌ただしかったのですが、すぐに那智の滝に向かいました。
 既に17:00過ぎで薄暗くなりかかっていましたが、なんとか撮影できました。

toki 2019/11/09(Sat) 23:08 No.442
Re: 熊野古道・・・「美滝山荘の夕食」

 宿は那智の滝の近くの美滝山荘で夕食はマグロ料理が豊富でおいしく、豪華でした。

 皆さん大満足で、ご機嫌です。

toki 2019/11/09(Sat) 23:09 No.443
Re: 熊野古道・・・「ランタン・フェスティバル」

 当日は、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録15年を記念して那智の滝をライトアップして、ランタンで飾るランタン・フェスティバルが行われていました。
 那智の滝にまつわるイベントの実施日にすぐ近くの宿に泊まる機会は殆どないことから、食後アルコールが入っていましたが、4人のメンバーで、階段を登り見学に行ってきました。那智の滝は青、赤、緑等に順次色を変えてライトアップされており、ランタンは飛んでいかないように空中に張った線に結ばれており、三重の塔のライトアップとともに幻想的な風景を描き出していました。

toki 2019/11/09(Sat) 23:10 No.444
Re: 熊野古道・・・「那智高原公園(色川辻〜登立茶屋跡)」

 翌朝、前日にランタン・フェスティバルを見に行った時に登った長い階段を登り、那智大社および青岸渡寺(320m)にお参りし、更に長い階段を登り高度を上げてきました。
 前日の那智速玉神社でもそうでしたが、那智大社および青岸渡寺でもリーダーのNsmrさんが「ブラタモリ」で得た知識で、参加者に解説をされていて、皆さんは「専属ガイドが居るみたい」と喜んでおられました。

 傾斜が緩くなって突然開けたところにやってきました。それが写真の那智高原公園(546m)です。

 那智高原公園から先も登りは続くのですが、傾斜はそれまでに比べて緩やかになりました。 

toki 2019/11/09(Sat) 23:12 No.445
Re: 熊野古道・・・「色川辻〜地蔵茶屋跡」

 その後那智の町やその先の熊野灘の景色の良い舟見茶屋跡(883m)で休憩し、色川辻を少し過ぎた所で車道を少し歩きました。
 当日はちょうど「那智勝浦町熊野古道ヒルクライム」というロードレースが行われており、私達が那智の滝の宿を出発した直後に高速で走る自転車を何台目撃しましたが、色川辻(770m)を過ぎたここでも自転車と出会いました。ただし、向きから考えてレースは終了して帰って行く所という感じでした。

toki 2019/11/09(Sat) 23:13 No.446
Re: 熊野古道・・・「苔の道(色川辻〜地蔵茶屋跡)」

 地蔵茶屋(700m)で休憩した後、No.439の越前峠に登りました。

 越前峠からは下るだけです。

 なお、苔はこの頃が最高潮だったかもしれません。
 苔の道は古代から続く伝統と文化を感じさせてくれ、熊野古道の風情を味わうには欠かせない存在です。
 やっぱり熊野古道には苔が似合います。

 それと、No.437にも書かれていますが、熊野古道を歩いていて感じたことはインバウンド(欧米系)が多かったことです。
 すれ違う日本人は3連休で多いと予想していたのですが拍子抜けするほど少なく、外国人が圧倒的に多かったです。

 やがて民家が見えてきて小口の集落に到着。
 小口自然の家着は15:30でした。

 小口自然の家の夕食で隣に座ったグループはオーストラリアから来た一団で、ガイドさんがツアーグループの皆さんに英語で説明されていましたが、その内容を一緒に食卓で聞いておられたSKさんに後から教えていただきました。英語ができるのはうらやましいです。 

toki 2019/11/09(Sat) 23:17 No.448
Re: 熊野古道・・・「小口自然の家(玄関)」
 
 小口自然の家の前で集合写真を撮影し、前日夕方男性4人でビール等を飲んで会話をした庭を横切って出発しました。

toki 2019/11/09(Sat) 23:18 No.449
Re: 熊野古道・・・「小雲取越(「百間ぐら」へ)」

 小雲取越は標高差は400m弱なうえ傾斜が緩く階段が少ないので、前日の標高差810mで階段の多かった大雲取越に比べ楽に登れました。
 大雲取越は予想より歩きごたえがあり、特に下りで慎重に下りる必要があって疲れたため、疲労が残ってもう一度登らなければならないと思って身構えていましたが、下山時刻も予想より早く意外な感じでした。
 
 小雲取越のハイライトは百間ぐらからの景色と思います。
 果無山脈がきれいに見え、紀南地方の最高峰の大塔山(1121.8m)も眺められました。
 今回の例会出発の前日の集会で、勉強会担当のMtkさんが、果無山脈に花の百名山の冷水山があると説明されていたということを、同行のSbskさんから伺いました。

 写真は その百間ぐらに向かう登りです。

toki 2019/11/09(Sat) 23:20 No.450
Re: 熊野古道・・・「熊野本宮大社前」

 百間ぐらで景色を堪能した後、下り道を進み請川に下山しました。ここかバスに乗車して熊野本宮大社へ。
 これで無事ゴールです。
 皆さん、なごやかな雰囲気ですね。

toki 2019/11/09(Sat) 23:21 No.451
Re: 熊野古道・・・「旧熊野本宮・大鳥居」

 時間に余裕があったので、Nsmrさんのご案内で、旧熊野本宮があった場所に行きました。
 現在の熊野本宮がある場所から徒歩10分〜15分程度の場所にあります。
 明治中頃まではここに熊野本宮があったということですが、大水害により社殿が流出したため現在の場所に移設されたようです。、

 現在旧熊野本宮のあった場所には大鳥居があり、広場には多数の桜の木がありました。

 写真は、旧熊野本宮を出発後、登った熊野川の土手から撮影したものです。
 (No.440と同じ写真となってしまいました。ただ、私も大鳥居は立派と思ったのと、既に投稿の準備をしていましたので、重なりますが投稿させていただきました。
  「担当者」さん、よろしくお願いいたします。)

toki 2019/11/09(Sat) 23:25 No.452
Re: 熊野古道・・・「帰路・列車内・お誕生日プレゼント」
 
 熊野本宮からは予定より1本早いバスで紀伊田辺駅に向かいました。
 紀伊田辺駅では列車待ちの時間に、何人かの方に翌日誕生日を迎えられるNsmrさんにプレゼントのケーキを購入していただき、帰路の列車内でお渡ししました。
 プレゼンターはTmhrさんです。

 今回の例会は好天に恵まれ、熊野古道を満喫できました。
 また、皆さんと心おきなく楽しい会話ができ良かったです。
 ありがとうございました。
 

toki 2019/11/09(Sat) 23:28 No.453
Re: 熊野古道
リーダー様ほか、皆様には熊野古道例会では大変お世話になりましてありがとうございました!リーダー様、toki様とかぶらない写真で探してみました。まずは美滝山荘のマグロづくし。
SK 2019/11/10(Sun) 21:30 No.454
Re: 熊野古道
百間ぐらからの眺め。雲取越え唯一?の絶景。
SK 2019/11/10(Sun) 21:36 No.455
Re: 熊野古道
雲取越えのゴール。入口に比べるとちょい地味ですが、みんなで道標にタッチしました。
SK 2019/11/10(Sun) 21:41 No.456
和泉葛城山

秋晴れの中、6名で和泉葛城山から犬鳴山を歩いてきました。山頂付近は車道もあり、それなりに家族連れ等がいましたが、登山道では出会う人たちも少なく、久々に静かな山行を満喫しました。
山上付近からは、南は紀ノ川越しに奥高野の峰々が、北は大阪湾越しに北摂から六甲の山々が遠望できました。

担当者(光崎) 2019/11/06(Wed) 21:55 No.438 [返信]
大比叡

参加して頂いた皆様に助けられ、初担当の大比叡を、無事終えることができました。
お天気も良く、時々琵琶湖も望めました。
どうも有難うございました。

担当者 2019/10/30(Wed) 20:05 No.427 [返信]
Re: 大比叡・・・「始まり・比叡山坂本駅」

 Iさんの初担当は比叡山坂本駅から始まりまた。
 まず初担当としての挨拶、続いて参加者の確認です。
 予め参加された人を記載して、名前を読み上げて確認されるという方法をとられました。
 きちんと順を追って進められていたのはさすがでしたが、名前を読み上げておられる時に緊張感が伝わってきて初心者マークという感じがしました。
 それも新鮮な感じで良いですね。

toki 2019/10/31(Thu) 06:16 No.428
Re: 大比叡・・・「遠見岩〜玉照院」

 比叡山坂本駅を出発後、舗装道のアプローチを経て登山口から登り始めたのですが、ややゆっくりしたスピードで進まれ、列に間を開けないよう心掛けておられたのだと思います。
 私もそうですが、先頭を歩くとどうしても気持ちが前のめりになって早くなってしまいがちですが、後ろをそんなに頻繁に確認されていないのに、同じペースで歩いて列の間を開けず、なんてことは、初担当としてはなかなかできないことのように思いました。

 もっとも口の悪い人は、終了時刻を反省会の店舗の開店時刻に合わせているだけ、と言っておらましたが。(笑)

toki 2019/10/31(Thu) 06:17 No.429
Re: 大比叡・・・「無動寺明王堂〜ケーブル延暦寺駅

 Iさんは途中から少しスピードを上げられましたが、それでも極端に列の間が空くようなことはありませんでした。

 当日は見学の方が2名来ておられ、Iさんは目配りができるか気にかけておられましたが、Oさんが話しかけられたりShibaさんやWakiさんが気にして見学の人がいる前の方に行って必要に応じて対応できるようにされ、比叡山に詳しいNakmさんが、先頭近くでIさんに道順等のアドバイスをされる等、充実したサポート体制ができていました。

 この後、琵琶湖の景色がきれいに見えるケーブル延暦寺駅横で休憩し、最後の登りを経て、No.427の大比叡山頂に到着しました。

toki 2019/10/31(Thu) 06:19 No.430
Re: 大比叡・・・「雲母坂(ビュースポット〜登山口)」

 大比叡山頂で集合写真撮影後、すぐ近くで昼食とし、雲母坂を経由して下山しました。

toki 2019/10/31(Thu) 06:20 No.431
Re: 大比叡・・・「ティータイム&初担当お疲れ様でした。」

 雲母坂を下りきったあと、ティータイムをしました。
 Y-Sakiさんから抹茶のバームクーヘンや、Oさんからゆべし、Shibaさんからチョコレート菓子等々が提供され、豪華でしたよ。
 ごちそう様でした。
 
 当日は標高差約750m、標準コースタイム5時間超の初担当としては歩きごたえのあるコースを担当され、25名もの方と見学2名の方が参加され、なかかのプレッシャーだったことと思われますが、一方で強力なサポーターの応援を受けて良い例会とされました。それと天候に恵まれたことも良かったですね。

 Iさん、初担当お疲れ様でした。

toki 2019/10/31(Thu) 06:21 No.432
千丈寺山

千丈寺山頂上の憩いです。標高のわりに、登り、下りがいのある山でした。この時期にしては、暑く、まだスズメバチが飛んでいました。

担当 2019/10/27(Sun) 09:13 No.417 [返信]
Re: 千丈寺山
千丈寺湖近くの公園で休憩
担当 2019/10/27(Sun) 09:17 No.418
Re: 千丈寺山
紅葉に落ち葉の絨毯。
秋ですねぇ〜

bonny 2019/10/28(Mon) 19:05 No.420
Re: 千丈寺山
いやあ、まだ夏ですね。
雲さん、やる気出しすぎです。
ねぇ、ミ○○ちゃん、Y崎さん?

bonny 2019/10/28(Mon) 19:08 No.421
Re: 千丈寺山
さて、HPをご覧の皆さん、お気づきですか?
集合写真のメンバーはワールドカップの盛り上がりに、
ラグビーポーズで決めています!

エッ❓ 決まってないって?
bonny 2019/10/28(Mon) 19:11 No.422
Re: 千丈寺山・・・「登り始め」

 三田駅からバスで約20分の乙原口(おちばらぐち)で下り、集落のあるなだらかな道を歩いて登山口に到着。

 登山口付近から千丈寺山に至る登山道を含め「てんぐの森」として整備されており、登山口付近にはそのことを示す地図付きの看板が設置れていました。

 確かに、乙原口登山口〜千丈寺山は、「千丈寺山」があまり知られていない山の割に登山道は殆どの区間で整備されていましたが、暫くの間は大変急な坂がありました。

 たかが標高600m弱の山だと思っていたのですが、急登を進んでいるときは、きついなと感じていました。

 写真は急登にさしかかる前、登山口を出発してしばらくのところです。

toki 2019/10/30(Wed) 06:07 No.424
Re: 千丈寺山・・・「急登を登り終わったすぐ後」

 急登を登り終わって少し進んだところで、GTOさんは後続の皆さんが揃うまで暫く待たれました。

 再度出発。その後は昼食を摂ったところまでは、特に急登等歩きにくいところはありませんでした。

 その後、西または西北に進んでいた登山道が南向きに角度を変える「祠の広場」で小休止し、No.417の千丈寺山頂上に到着し、集合写真を撮影しました。
 
 そのとき、bonnyさんの提案で、ラグビーポーズをとることとしました。

 若干不ぞろいな感じもしますが、努力していることも伺えますね。

 なお、千丈寺山頂上には一等三角点があり、何人かの人は三角点の標識にタッチされていました。

toki 2019/10/30(Wed) 06:08 No.425
Re: 千丈寺山・・・「ランチタイム(展望のある場所)」

 千丈寺山頂上を出発してすぐ展望の良い広場に到着しました。皆さん景色に見とれておられましたので、反対方向を向いていただき写真を撮影しました。

 後方に写っているのは人工の千丈寺湖です。ここからは宰相ヶ岳と双耳峰になっていて特徴的な羽束山が見え、その後下りの登山道でも時々羽束山が見えたため、MTDさんやGTOさんらが、その都度羽束山が見えていることを言われましたので、下山の登山口に到着後車道を歩いているときも羽束山を意識するようになりました。
 確かに、双耳峰だけにわかりやすいですね。
 
 展望の良い広場では、12:00を過ぎていましたので昼食としました。GTOさんが最初の挨拶で、当日の予定として昼食場所として予定していると言われたとおりです。

 下山道は「天狗の森」から外れ、決して頼れない古そうなロープが張ってある少し荒ている急坂を下り、No.420の紅葉のきれいな公園で休憩後、長い車道歩きを経てJR広野駅に到着しました。
 
 昼食をいただいた広場で見た景色は優れていますし、下山道の途中でたまに俯瞰できた景色もきれいで良かったです。

toki 2019/10/30(Wed) 06:09 No.426
釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。

土曜日、大阪を出発時は、晴れてたのに、奈良の大峯は、雷と雨、雨。こんな状況で登るの?とみんな思いつつ、
運よく、テントの設営と撤収時は、雨が止み、千丈平で、無事にテント泊ができました。
日曜日、秋晴れ、大峰の山深さと紅葉を存分に満喫できました。
帰りの前鬼までの下りはキツく、途中1人の方が石にオデコをぶつけて軽く出血するアクシデントもありましたが、
何とか楽しい山行ができました。夕食の牛丼と柿の生ハム巻きは、美味でした。
参加者のみなさんありがとうございました。

ゴンタ(M岡) 2019/10/21(Mon) 21:54 No.400 [返信]
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
大峯の紅葉です。
ゴンタ(M岡) 2019/10/21(Mon) 21:58 No.401
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
登山口に着いた時はかなりの雨と雷にタフな山行を覚悟しつつ、翌日の登山指数Aを信じて出発。千丈平でのテント設営時には雨も上がり、そのままの流れで一気に釈迦ヶ岳登頂。夜中の雨音を不安な思いで聞くが、朝起きると雨は止んでいた。

次に目指すは深仙ノ宿。
bonny 2019/10/22(Tue) 15:03 No.404
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
No.405は」本来ここにあるべきでした。
ミスりました。

熊笹の中を進んでいきます。

bonny 2019/10/23(Wed) 00:07 No.407
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
結構紅くなっていました。
bonny 2019/10/23(Wed) 00:08 No.408
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
秋色の森です。
bonny 2019/10/23(Wed) 00:10 No.409
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
山の秋を堪能しながら。。。
bonny 2019/10/23(Wed) 00:15 No.410
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
ようやく深仙ノ宿に着きました。

この建物はお堂です。
やはり名前の通り進行の山ですね。

bonny 2019/10/23(Wed) 00:17 No.411
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
釈迦ヶ岳を振り返って。
bonny 2019/10/23(Wed) 00:19 No.412
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
少し角度を変えてみました。

なかなか綺麗な形の山ですね。

bonny 2019/10/23(Wed) 00:21 No.413
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
不動七重滝。

バスに間に合わせるために車道からの見学で済ませました。
遠くからでも水煙が見え水量の多さがうかがえました。

この後約8kmを猛スピードで歩きました。
競歩の選手になれるかと思ったくらい。
でもその甲斐あって余裕で前鬼口バス停に着きました。

やっぱりテント泊は楽しいな。

bonny 2019/10/23(Wed) 00:26 No.414
Re: 釈迦ヶ岳 土曜は雷と雨、日曜は紅葉を楽しめました。
No411
進行 → 信仰 の変換ミスです。すみません。
bonny 2019/10/23(Wed) 00:28 No.415
1カ所だけ紅葉が見れました

期待通り360度素晴らしい景色でした。琵琶湖を見ながら食事休憩しました。

担当者 2019/10/22(Tue) 12:36 No.402 [返信]
甘かった〜
三国山往復は少し大変でしたが、サルナシの実でみなほっこり(笑)
担当者 2019/10/22(Tue) 12:38 No.403
足早の山行の中
手作りの美味しいケーキや、本当に沢山のフルーツを差し入れして頂きありがとうございました。ずっと和やかな山行でした。
担当者 2019/10/22(Tue) 17:46 No.406
無題

深仙ノ宿までの道は滑りやすく雨の中を歩かなくてよかった。

途中からは変化する雲と紅葉が楽しめた。

bonny 2019/10/22(Tue) 15:32 No.405 [返信]
インクカートリッジ

エプソンのプリンターを使われている方へ。
インクカートリッジが余ってます。使用期限2021までのIC6CL50の6色パックとそのバラです。エプソンでは「ふうせん」シリーズです。
希望の方連絡ください。

会員番号555 2019/10/18(Fri) 16:03 No.399 [返信]
10月20日の山行について

帰りの17:13発最終バスに乗るには、
コースタイム通りに歩い5時間50分。その他食事・トイレ休憩など全てを1時間10分以内。食事は15分程度の行動食、休憩は各5分程度にせざるを得ません。電車バス共に便が少ない為、ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

担当者 2019/10/15(Tue) 19:46 No.393 [返信]
Float

あげておきます。
Float Maker 2019/10/15(Tue) 23:28 No.398
六甲山最高峰

六甲山最高峰に登ってきました。
台風直後で、風は強く、日陰では肌寒さを感じることもありましたが、総じて天気は良く、楽しい山行となりました。また、皆さん、おいしい手作りケーキ、デザートをはじめ旬のフルーツ、とか持参いただき、食欲の秋を感じさせてくれるそんな例会となりました。参加いただいた皆様、お疲れさまでした。

担当者 2019/10/14(Mon) 22:33 No.392 [返信]
風吹岩〜雨ヶ峠

 台風19号により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔み申し上げますとともに、被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
 また、被災された方々が一日も早く元の生活に戻られることを、心よりお祈り申し上げます。

***************************

 台風の影響で中止となった「乾徳山・西沢渓谷」例会に参加予定だった4名の方も加わり、芦屋川駅から14名のメンバーで六甲山頂に向かいました。

 高座の滝から、リーダーのDさんはいつものコースとは違う高座谷コースを選択されました。高座谷コースは字の如く谷筋を歩きます。所々に渡渉があり、台風の名残で水かさが多いかと思いましたが、極端なことはなく無理なく渡れる程度でした。適度なアクセントになって却って良かったかな。Dさんにこの道を選択された理由を確認すると、ロックガーデンルートは人が多いからとのこと。台風一過とはいえ3連休中日なので、確かに風吹岩から先で歩いたメイルートでは、長い間同じようなスビートで歩くグループのすぐ後を歩いたり、多くの人とすれ違い、人の多さを感じました。

 写真は風吹岩〜雨ヶ峠間です。

toki 2019/10/15(Tue) 23:19 No.395
Re: 六甲山最高峰・・・「本庄橋付近」

 台風は既に日本列島を離れ太平洋側に抜けたはずでしたが、歩行中ときおり強い風が吹いて影響が残っているようでした。

 倒木等で道が塞がれていないか心配していましたが、実際はそのようなことはなく、スムーズに歩けました。
 
 雨ヶ峠から先、高度を上げていきますが、前日までに降った雨の影響か、渡渉が2回ばかりありました。

 写真は、雨ヶ峠〜一軒茶屋間の本庄橋付近、2回目の渡渉です。 

toki 2019/10/15(Tue) 23:21 No.396
Re: 六甲山最高峰ティータイム(一軒茶屋近くの広場)

 今迄よりも傾斜のキツイ七曲の坂を登り、一軒茶屋を経由して六甲山頂にやってきました。
 No.392の集合写真を撮影したのですが、気温が低く、多くの方から「寒い」との声があがりました。
 標高も高くなっており、雲がかかって日がささない時期だったこともあり、14:00過ぎで気温も下がりかかる頃という条件が重なったのでしょう。

 皆さんぐに頂上を出発し、一軒茶屋近くの魚屋道の横の広場で、丁度日が再び出てきましたので日向でティータイムとしました。
 Sさんが「乾徳山・西沢渓谷」例会にといって差し入れていただいた手作りパウンドケーキや、Oさんの「ゆべし」、柿、ぶどうといった果物、クッキー等美味しくいただきました。ありがとうございました。

 その後、魚屋道を経由して有馬温泉に下りてきました。
 簡保の湯では「毎日が日曜」さんがお出迎え。
 私達は汗ばんでいましたが、「毎日が日曜」さんはこぎれいな感じでした。 

toki 2019/10/15(Tue) 23:25 No.397
乾徳山〜西沢溪谷

台風の影響のため、乾徳山〜西沢溪谷の例会を中止させて頂きます、参加者の皆さん、色々と準備もして頂きましたが残念な結果となりました、またの機会に宜しくお願いします。

例会担当者 2019/10/10(Thu) 06:33 No.391 [返信]
るり渓 シニア例会


これが 「 快晴 」
参加は、5名です。

毎日が日曜日 2019/10/09(Wed) 16:26 No.388 [返信]
Re: るり渓 シニア例会

終始 水音を聞きながら、木立の中の渓谷
夏でも涼しそうな遊歩道でした。

毎日が日曜日 2019/10/09(Wed) 16:40 No.389
Re: るり渓 シニア例会

お手軽 サンドイッチパーティをして、温泉に入って、ビールを飲み
快晴に恵まれた、幸運、強運の五人の参加者です。
今は帰りのバスでしばし おやすみ中です。

毎日が日曜日 2019/10/09(Wed) 16:47 No.390
明神平 やっぱりええとこでした

明神谷を詰めて、水場に着けば、明神平はもうすぐそこ

白@まったりがいい 2019/09/16(Mon) 21:51 No.343 [返信]
Re: 明神平 やっぱりええとこでした
ここに来たからには、この景色を見なくっちゃね。
白@まったりがいい 2019/09/16(Mon) 21:53 No.344
Re: 明神平 やっぱりええとこでした
大峰山脈に上にかかる雲に沈む夕日
白@まったりがいい 2019/09/16(Mon) 21:58 No.345
Re: 明神平 やっぱりええとこでした
数分後、雲の下に大きさが1.5倍になった赤い太陽が現れ、大峰山脈の向こう側に沈んでいきました。
この時の感動を言葉にするのは難しいのですが、気が付けば口をぽかーんと開けて夕陽を見てる自分がいました。

白@まったりがいい 2019/09/16(Mon) 22:08 No.346
Re: 明神平 やっぱりええとこでした
何回でも来たいですなー。
白@まったりがいい 2019/09/16(Mon) 22:17 No.347
Re: 明神平 やっぱりええとこでした
食担のTsuruさんの夕食のトマトケチャップ鍋→朝食のトマトケチャップリゾットと手作り月見だんご、リーダーの白おこげごはん、Tさんのパウンドケーキ、とっても美味しかったです!
Ri 2019/10/08(Tue) 19:38 No.387
倶留尊山ハイキング

青空のもと秋風に吹かれながら、快適なハイキングを楽しむことができました。

担当者(西村) 2019/10/06(Sun) 22:17 No.385 [返信]
Re: 倶留尊山ハイキング
曽爾高原にて
担当者(西村) 2019/10/06(Sun) 22:19 No.386
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -